松山中央高等学校吹奏楽部定期演奏会【SoundTrain】
どうも、ひなたです。

先日、松山市民会館大ホールにて、肉丸様の高校の吹奏楽部の演奏会に行って参りました。
道連れとして第一期ブログの話題に出てきたかもしれない友人「ミスター」を選抜。
初めは肉丸様が出るってことで見に行ったわけですが、どうしたことか。
見てると凄い。いや聴いてると凄い。いや見てるとすごい。むしろどっちも凄い。
なんか青春が具現化したモノを感じました。

そんで、とりあえず第一部・第二部と終わってパート紹介たるものが始まりました。
トロンボーン・フルート・トランペットなど。いろんなパートをユニークに紹介。
新郎新婦の格好した部員2人が例の音楽に合わせて踊ったり、
笑点の音楽と共に子芝居をしたり、楽器と共に可憐なダンスを披露したり、
とにかくユニークとしか表わせないほど個性的な紹介ばかりで良かった。




その後は昭和から平成の音楽の旅と称して
時代や曲に合った子芝居やクイズをしてピンクレディーやアニメソングなどを演奏。
ドラえもんの子芝居で友達がスネ夫役してたのはツボだった。そして喋りが悪そのものだった。
ちゃっかりスネ夫みんなと離れて女子高生ナンパして友達になってたりして。
そしてドラちゃん、取り出したるは怪し気な黒い物体(自称タイムマシーン)。
最後にはそれが暴走してナンパされた娘が過去に飛ばされてしまうという
幸薄少女物語でしたとさ。めでたしめでたし。

あと坂本九メドレーがあって「明日があるさ」とかいろんな曲の演奏中に
恐らく先生であろう人物が次々と現れ次々と唄ってました。
なかなか上手かったですが観客の手拍子の影響かモゲてる人続出。
他にドラマ「やまとなでしこ」の主題歌の演奏時も指揮者の女の人が唄ってました。
「やまとなでしこ」のファンだったので結構感動。この学校唄うの好きなんだなぁ。

まぁそんなこんなで遂にラストスパート。
SMAPとか大塚愛など今風の曲が演奏されて、最後の曲。
最後の曲はV6の「WAになっておどろう」。
始まる前にパシリ役生徒頑張る学生が折ったら光る棒(名前なんていうんだろ)を配布。
それもらって皆ポキポキ折って徐々にいい感じに光ってきた頃に演奏開始。

曲に合わせてノリノリで棒を振る人々。モー娘とかジャニーズのライブじゃあるまいに。
何やってるんだコイツらは。………まぁ私も振ってましたけど…。
そういえば観客席綺麗だった。眼鏡外してみるとこれまた幻想的。
んで、最後の曲も終わって少し話があった後アンコールのノリでおまけ2曲演奏開始。
誰もアンコールしてないのに。

アンコールは夏の定番(らしい)「マンボ」でした。
これまたノリがいい曲だけど光る棒使うのは難しいと判断。皆棒無しで適当にノってました。
光る棒の運命はというと丸く繋げて腕輪されたりカバンに装着されたり。
帰り道や駅のホームでは光る棒が演奏会の観客の証になっとりました。

最後、演奏終わって青春の1ページを残す為の写真撮影。
客席から暇つぶしに見学しとりましたが、空想具現化(byアルクさん)青春具現化再び。
なんかこんな良いステージでたくさんのお客さんの前演奏できちゃって
吹奏楽部って一番良い部活なんじゃねぇかと思ってしまうくらいの青春を見ました。

なんか本当見にいって良かったよ。久しぶりに良いモン見れたしね。

そういえば市民会館大ホールってカナリ凄いステージだよ。
山崎まさよしとか結構有名な人がライブするトコだし。
んーと、前バンプが松山にライブ来た時はコミセンだったっけ?
ということはバンプより2階級程上と。侮れないわね吹奏楽部。


突然話変わりますがラジオですラジオ。
前撮ったって言ってたヤツ、哲心様が【ついうっかり】削除してしまったらしいです。
ということで再び撮りなおししてきます。
といっても哲心様、数日前から田舎に帰っておられますのでなかなか。
まぁ明日・明後日に帰るらしいので近いうちにできるかもです。

今日はこの辺で。

ではでは。
[PR]
by gennokiretapiano | 2006-08-15 00:55 | 日常


<< またバトンだよ。 バトン+メルブラ。 >>